ネイマールよりもムバッペだろう論争始まる

バルサ理事会内でも賛否分かれるネイマールの獲得
ネイ反対派は同じPSG選手でもムバッペの方が若くてチームに必要な9番だと考える

ウンザリするほどに長引いたネイマール獲得を巡ってのメロドラマ。自己都合でクラブに後ろ足で砂をかけながら去って行った選手を懸命に呼び戻そうとするその様子は、心底ガッカリするものでありました。

しかし理事会内は一枚岩ではなく、ネイ復帰に反対する理事たちが反撃を開始している様子。そこで登場しているのが、獲得するならムバッペだろうとの意見で、ネイ丸賛成派との内部議論を始めたようです。

スポンサーリンク

理事会にネイ復帰反対派

表面には出てきませんでしたが、ネイマールの呼び戻しに関しては、理事会内でも賛否が分かれていたと9月13日のMDは伝えます。
同紙によるとオペレーションへの反対を表明した理事は数名いて、もし2年前にクラブを欺いて出て行った選手が戻ってくるのであれば辞任する、と脅した理事もいたとか。理事会内には緊張が走ったでしょうし、そんな状況でよくもあれだけオペレーションに固執したもんです。

もしネイマールが再びカンプノウに降り立ち、内部クライシスが勃発していた時のことを想像すると、暗たんたる気持ちになります。

ムバッペの方が良いのではないか

そしてネイマール獲得が失敗に終わった今、反対派が議論を始めることで反撃を開始したとMDはいいます。
それはタイトルの通りで、ネイマールにもう一回行くのではなく、キリアン・ムバッペを獲りに行く方が良いのではないか?との議論。
そりゃあ、その二択であるならばフランス人の方がワクワクさせるものがあります。

ムバッペに賭けようと考える理由
若く(来夏で21歳)、そしてゴレアドールであること
ネイのような反対感情(嫌悪感)をバルセロニズモに生まないこと

レオ・メッシネイマールの復帰はスポーツ面で有益だとSPORT紙のインタビューで語っていましたが、そのカピタンの意見を知ってもなお、ネイ丸の去り方を許せない(これからも許せないであろう)ファンはいるわけです。

ムバッペは圧倒的に賛成派が多数につき、入団による意見の対立を生まないでしょう。MDのウェブアンケートの結果も圧倒的です。

難易度はもっと高い

ただし・・・ キリアン・ムバッペの獲得はネイマールよりも難易度が高い・・・
移籍金もそうですし、フロレンティノ・ペレスが本気で獲りに行くでしょうから、争奪クラシコは激しくなります。バルサが勝ったら勝ったで、さまざまな嫌がらせキャンペーンも繰り出されるに違いない。

バルサ理事会内のネイマール復帰賛成派 vs 反対派。
来年夏のメロドラマも賑やかになるだろうな、冬から騒がしくなるんだろうなという話です。

(ムバッペの場合、彼が2017年にPSGへと移籍する際、バルサには契約のチャンスがあったのも悔しい)

このニュースのまとめ

  • ・バルサ理事会内に、ネイ獲得の賛成派と反対派
  • ・反対派はムバッペの方がネイマールよりも良いとの議論を始めたらしい
  • ・ムバッペの方が若く、9番タイプで、バルセロニズモに分裂を生まない

 

コメント

  1. 村木猫ブルース より:

    ムバッペ、要るかなぁ?カンテラにもっと目を向けよう。

タイトルとURLをコピーしました