2019-12-20

クラブ全般

チケット 21,000枚 が一般販売された異例のクラシコ

2019年12月18日のFCバルセロナ対レアル・マドリー(0-0)は、異例なエル・クラシコとなりました。なんといっても影響したのは、開催日が延期されたことで、無理やり水曜日にねじ込まれた点。平日の夜8時ですからスタジアムへと足を運べないソシオ諸氏も数多く存在し、多くの年間指定席が売りに出されました。結果、一般販売が 計21,000枚です。
ポストマッチ

「カサでのバルサは勝たないといけない」フレンキーの自己批判を交えつつマドリー戦を振り返る

試合前には「Mas que un Clásico」と期待感を煽られたカンプノウクラシコは、蓋を開けてみると実にしょっぱい対決となりました。その主な要因は、自陣に撤退しての待ち受ける作戦をバルサが採ったこと。こんなのバルサじゃないやいという泣けるフットボールが、待ちわびた初クラシコになったフレンキー・デ・ヨングの心境はいかばかりでしょうか。
スポーツ紙

2019年12月20日(金)のバルセロナスポーツ紙:六冠から10年とクラシコ余韻

2019年12月20日(金)のバルセロナスポーツ紙は、MDは2009年の年間六冠をプジョルと振り返る特集、SPORTは複雑だったカンプノウクラシコの運営が上手くいった件がメインニュース。それにクラシコの反省会やエスパニョールのコパ勝ち上がりなどです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました