2020-01

マッチレポート

【マッチレポート】コパ1/8 final バルサ 5-0 レガネス

バルサがレガネスに5-0で完勝し、コパ準々決勝(1/4 final)へと駒を進めた。試合は4-3-3に戻したセティエンチームがほぼ支配し、これといったピンチもなし。グリーズマン、ラングレ、メッシ(2得点)、アルトゥールが順調にゴールを重ねた。いくつか選手配置も試し、まずまずといったところ。
マッチプレビュー

「物事は予想していたよりも簡単に行っている」チームが良い方向に進んでいるとセティエンは確信する

さて、コパ1/8 final です。カンプノウにレガネスを迎えての戦いで、今回もまた一試合で勝敗が決まる。つまりはコパでの生き残りを賭けた、バルサにとって重要な一戦です。逆にレガネスは残留争い中(19位)のラ・リーガが優先で、コパは当たって砕けろでしょう。イビサ戦と同じく、負けて失うものが多いのはバルサ。
スポーツ紙

2020年01月30日(木)のバルセロナスポーツ紙:9番補強とコパ

2020年1月30日(木)のバルセロナスポーツ紙は、試合のある国王杯よりも9番補強がメイン。こういう時は注意が必要です。
スポンサーリンク
移籍話

ロドリゴ獲得は、頓挫・・・ その理由は

長期離脱となったルイス・スアレスの穴を埋めるためにロドリゴを獲ろう、とのFCバルセロナの目論見は頓挫しそうです。昨日の途中までは「バルサ入団確実」と見られていたデランテロでしたが、そこから状況は一転。バルサとバレンシアの交渉が決裂し、ロドリゴ移籍の見込みはなくなりました。
スポーツ紙

2020年01月29日(水)のバルセロナスポーツ紙:ロドリゴ交渉決裂

2020年1月29日(水)のバルセロナスポーツ紙は、バルサとバレンシアの交渉が決裂し、ロドリゴ獲得に暗雲が漂っている件がメインニュース。テニス全豪オープンのナダルも注目度高です。
トップチーム

セティエン流への変更がもたらす心配「時間が足りるのか」

当たり前のことなんですが、シーズン途中の監督交代は簡単ではないです。バルサは特に「攻撃的」なだけでなく、多彩なパスで美しく相手を崩すフットボールが求められる。キケ・セティエンはそれを1月からモノにするという、無理な注文に応えなければならず、選手たちも新たな試みを消化吸収せねばなりません。しかもチャンピオンズ再開までにという締め切り付きで。
スポーツ紙

2020年01月28日(火)のバルセロナスポーツ紙:コービーへの敬意とロドリゴ交渉

2020年1月28日(火)のバルセロナスポーツ紙は、先日亡くなったコービー・ブライアントの追悼記事とバルサのロドリ獲得交渉がメイン。ナダルの勝利も大きなニュースです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました