チャビ

選手ニュース

チャビ 「ここへ戻ることが目標」

2015年5月22日、FCバルセロナの偉大なるカピタン、チャビ・エルナンデスがクラブ退団とカタールのアルサッド移籍を正式に発表しました。大どんでん返しの残留発表にならないか、、とのクレの希望は叶うことなく、「今がバルサを去る最高の瞬間」だと17年に及んだカンプノウ生活に別れを告げることを決意した師匠。昨年のカルラス・プジョルに続き、また一人バルサの象徴であるクラックがクラブを去るのは寂しいかぎりですが、これまでの活躍とファンを楽しませてくれたプレーの数々に感謝をし、笑顔で送り出すだけです。
選手ニュース

続 チャビとアルベス

先日のRCセルタ・デ・ビーゴ戦はチャビ・エルナンデスの存在感を改めて確認した試合でした。彼がいない時には有効なポゼッションが出来なかったチームが、マエストロがピッチに立つことでいきなりバルサらしいパス回しとなる。今季ここまでに何度も目にしてきた場面が、バライドスでもまた再現されたわけです。このバルサ哲学の唯一無二の体現者であるチャビ永遠の若さを手にしますように、、と天に願えど叶うはずもなく、彼はそう遠くない未来にバルセロナを離れてしまいそうな雰囲気。それについて考えるたび、そこはかとない寂しさが胸をついて心のハンカチは何枚あっても足りませんが、別れを少しでも先延ばしにするべくバルトメウ会長が動いている模様です。
バルサニュース

チャビとペドロとアルベス

2015年3月最後の週末は、チャビ・エルナンデスの話題がメディアを大きく賑わせました。バルサのカピタンはクラブの公式戦がなく、チーム練習も休みだったこの週末を利用して、家族とともにカタールのドーハを訪問。移籍がウワサされているアルサッドのスポーツディレクター氏との記念写真がネット上に流れ、話がもはや引き返されないところまで来ているんだなと感じさせます。バルサのチャビが見られるのも、あとほんの2ヶ月ほどなのでしょうか。。そしてメディアにはチャビの“後継者”についての記事があれこれと出ています。実際にそんな選手がいるはずないのですが。
スポンサーリンク
選手ニュース

世界に羽ばたくキャンパス・チャビ

フットボル選手たちが思い思いの時間を過ごすこの2014年のクリスマス休暇で、充実の日を送ったのがチャビ・エルナンデスです。バルサのカピタンはチームの年内最終戦が終わった21日(月)から4日間、家族と共にエジプトを訪問。当地にて開催された自身のフットボルキャンプの講師としてエジプトの子供たちとボールを蹴り、もはやブランドとなったチャビ式フットボルを伝授しています。このキャンパスはチャビたちが計画している“ワールドツアー”の第一弾とのことで、彼らは来年からもさらに4年間、中東各国を巡っていくとのことです。
選手ニュース

チャビ 「ベルナベウが偉大な選手を表彰するすばらしい機会」

そろそろ行われる国際Aマッチのため、代表選手たちが各国チームの元へと集まっている今日この頃。代表から引退したチャビ・エルナンデスはゆっくりとしたFIFAウィークを過ごしているようです。7日は生まれ故郷のテラッサで行われたクライフ基金によるイベントに出席。御大ヨハン・クライフが世界各地に作っているクライフコートがテラッサに完成し、その開場式典にバルサの6番とジーザスが訪れたのです。チャビは言います。「子供の頃にプレーしていたグラウンドに自分の名前が付くのはとても特別なこと。すごく幸せだよ」
選手ニュース

チャビ 「この状況を引き受けるけれど…」

2日(木)はどうやらチームトレーニングが休みに変更となったようで、だからかどうかは不明ですが、FCバルセロナのカピタンたち2人がそれぞれにスポンサーイベントに参加しています。エースのレオ・メッシはラテンアメリカ方面でのクラブスポンサーとなったジレットのプレゼンテーションに、理事とともに“大使”として出席。一方でチャビ・エルナンデスは個人スポンサーであるADIDASの新作シューズ(Predato Instinct)発表会に登場し、これまでとは全く異なっているチームでの状況や、バルサの今についてコメントをしています。
選手ニュース

チャビ 「もし自分次第なら、バルセロナを出ない」

FCバルセロナのカピタン、チャビ・エルナンデスがあちらの衛星放送局CANAL+の取材に答え、この夏の最大級のテーマの1つだったバルサ退団の可能性についてコメントしています。「もし自分次第なら、僕は決してバルセロナを出ないだろう。でもそうなる事情もあるからね。僕が退団をしていた可能性は何回もあったよ。でも最終的に、僕の感情が勝ったんだ。クラブにはヨーロッパの他のチームに行きたくない、バルサとは対戦したくないと言っていたよ。僕はバルサでキャリアを終えたかった」
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました