アルトゥロ・ビダル 入団会見「全てを勝ち取りたい」

スポンサーリンク

世界最高のチームでタイトル獲得に野心を燃やすチリ人ファイター

FCバルセロナが敢えてアルトゥロ・ビダルのような武闘派フットボル選手と契約を結んだ理由、それはラ・マシアから到底生まれそうにないあのキャラクターを必要としたからでしょう。なんのために必要かといえば、欧州タイトルを獲得するため。

ビダルの目標もまた彼の履歴書に欠けているチャンピオンズを獲ることにあり、入団プレゼンテーションでは「ここでの3年間で、3つのチャンピオンズが欲しい」のだと野心的に語ったチレーノです。

Embed from Getty Images

バルサはたどり着ける最高の場所

8月6日にカンプノウ敷地内アウディトリ1899で行われたアルトゥロ・ビダルの入団プレゼンテーション。
このバルサ選手として最初の記者会見に出席したチレーノの表情は終始穏やかで、ピッチ上の強面ぶりとはまた異なる印象を与えました。声も意外と優しい^^;

会見でビダルが強調したのは、「バルサが最高の選手たちがいる、世界最高のチーム」であり「全てを勝ち取りたいと燃えている」ことでした。「全てを勝ち取りたい」は彼が初日から繰り返していて、ビダルのメンタリティを知るうえで重要なワードとなってます。

■世界最高の場所:「バルサに到達するというのは、バイエルンよりもずっと大きなステップアップだよ」

■少年時代の母への約束:「14歳のある夜、僕はすごく疲れて仕事から帰ってきた母親に約束をしたんだ。それはいつかベストのひとりになるというものだった。僕はこれまでいくつものビッグクラブでプレーをしてきたけれど、今日世界で最も高い場所へたどり着いたよ」

■最高のメッシと:「ここには偉大な選手がたくさんいる。そのなかでもメッシは歴史上最高の選手だから、彼のチームメイトとしての水準にありたいと思う。チームみんなのレベルになるよう努めていくさ」

■目標は先発レギュラー:「先発になるためにきた。ベストな選手たちの中で、ポジションを勝ち取っていくよ。チームがタイトルを獲得する手助けをするために、全ての試合に出て行きたい」

謙虚さの中に、そこはかと漂う負けず嫌いのメンタリティ。

バルサのスタイル

バルサの門をくぐる選手たちが挑まなければならない、自分の特性を出しつつもバルサスタイルへ適応するという試練。いわゆる“バルサらしくない”選手であるアルトゥロ・ビダルは、適応についてこう述べています。

■「可能なかぎり早く適応したいと思う。監督がなにを望んでいるのか、見てみようよ」

■「自分のなにを求められているのかを知るために、監督と話がしたい。でも全ての面でチームの手助けをする準備はできているよ。自分の持てる資質を全て示していきたいね」

■「バルサのDNAについては耳にしたけど、僕はここの選手たちと同じ考えだよ。全てのフットボール選手にとって重要なのは、結局のところスタイルではなく、タイトルを勝ち取ることだ。その点で僕らの意見は一致している」

言わんとすることは分かりますが、バルサなんだからスタイルにもこだわらなければならない。
バルサが高みにあるとするなら、それはスタイルによるところも大きいのですから。

目標はチャンピオンズ

アルトゥロ・ビダルは以前レアル・マドリーといさかいがあったことから、アンチマドリディスタではないかとも言われています。しかしそれに対しては「自分はアンチマドリディスタではなく、バルサと対戦する全てのチームのライバルだ」とかわし、次のように続けました。

■「マドリーに関しての未解決問題はないよ。僕にとって未完了なのは、チャンピオンズ優勝なんだ。そしていま自分は世界最高のチームにきたわけだから、その目標を達成したい

■「自分がバルサにいる3年間で、チャンピオンズを3回優勝できることを願ってる

3年連続してチャンピオンズ優勝どころか、3年連続して準々決勝で敗退しているバルセロナゆえに・・・ クレですら安易に乗っかれないほどの大風呂敷の広げ方ですが・・・ 夢見るのは自由ですからね!

タイトルを優先した補強

昨季リーガとコパの二冠を達成したバルサが、チャンピオンズで雪辱するためにスカッドを再編し、白羽の矢を立てたのがこの戦士であるアルトゥロ・ビダルです。
テクニシャンたちはもうすでにいるので、フットボールにパワーやらアグレッシブさを足すために呼んだ男。
チャビイニエスタもいない今、欧州を制するためにはフィジカル要素が不可欠と判断した結果の契約。

あるいはアーティストたちを輝かせるためのハードファイター。
このあたりは、実戦でのバルベルデの起用方法を見てから考えることにしましょう。

ただ、コパ・アメリカ開催中の飲酒事故やら暴力沙汰など素行に問題があり、訴訟やイメージ悪化リスクを抱えるビダルです。
以前のこのバルサニュースで、「ビダル獲得は、あり」だと書きましたが、この素行の悪さはやはり怖い。
それも警察沙汰になる事件を起こしたこと数度の爆弾男なので、マドリー系メディアにとっては良い標的がやって来たワイというところでしょう。

とにかくバルサ在籍中は、アルコールはほどほどにしてくれることを期待。
目標達成のためなら、それもできるだろう、キング?

このニュースのまとめ

  • ・アルトゥロ・ビダルのバルサ入団プレゼンテーションが行われた
  • ・バルセロナは世界最高の高みだと語る
  • ・目標はチャンピオンズ獲得で、可能なら3年で3回
  • ・とにかく事件を起こしてくれるな

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました