ルイス・エンリケ 「クラシコは熱く楽しくないと」

いつもと変わらぬやり方で勝利を目指すとバルサ監督。

2014/15シーズンの初クラシコが迫ってきました。レオ・メッシの歴史的記録やルイス・スアレスの公式戦復帰、エンリケ兄貴のクラシコ初陣、チャビの起用法などバルセロニスタとしての見所は満載で、マドリー方面さんもきっとたくさんの見所があるのであろう決戦ですので、期待値の上がり具合はなかなかのものだと感じます。トレーニング終了後、前日会見に臨んだ我らのルーチョも気合は十分。あちらさんが繰り出す挑発に応じることなく、「私たちのやり方は変わらない」と何度も強調したミスターでした。

自分たちのアイディアは変わらない

シウター・エスポルティーバのプレスルームにて現地の0時半頃から行われた、FCバルセロナ監督ルイス・エンリケによるマドリー戦前日会見でのコメントたちは以下のような感じとなっています。

クラシコへとどう臨む
私たちのフットボルへのアイディアは変わらない。選手たちには、これまでと同じアイディアでプレーするように求めていくよ。対戦相手がどこであれ、私の考えに変化はないんだ。相手の長所と弱点を思い出し、いつもと同じメンタリティでピッチに出て行く

マドリーが4-3-3か4-2-2かで影響は?
アンチェロッティのイレブンがどうであろうと、私たちのプレー方法や試合へのアプローチは同じだよ。私たちが評価する条件は幾つかあるにせよ、アイディアは変わらない。彼もそうだろうと思う」

どんな試合展開を望むか
「私たちの関心は試合をコントロールすることにあるけれど、状況によって起こされるプレーというものもあるからね。ダイレクトな試合が、特定のアプローチの成果だとは限らないんだ。チャンスを作られることがコントロールを失ったことを意味しない。相手にダメージを与えることが私たちの狙うところだ。ただ私たちはボールを欲するチームであるし、マドリーよりもボールを必要とする。エラーを出来るかぎり少なくし、的を射た攻撃をするよう試みていくよ」

得点優先?守備優先?
「それは毛布のようなものだよ。足を覆うのか、頭を覆うのかだ。もちろん私たちはマドリーのクオリティを分かっているし、評価するけれど、自分たちのアイディアを放棄することはない。準備OKか?私の元にいる選手たちが、この試合でプレーするための必要条件を満たしているのは幸運なことだよ」

どんな結果でもバルサはマドリーに抜かれない
「私は不都合だとは思わないよ。それは私たちが確かで信頼できるチームだったということだから、アドバンテージだと捉えている」

スアレスは出場する

ルイス・スアレスは出場する?
「今日はこの(どっちでしょうか)ゲームはしない。先発になるかどうかは言わないけれど、出場はするだろう。彼にとっての記念日になると思う」

ルイス・スアレスが挑発に乗らないために、何か特別なことはしたか
「フットボルは身体接触のあるすばらしいスポーツ。アクションを裁く審判がいるわけで、こちらの選手たちがベストを出せるように私たちは頑張っていくよ。選手たちは大人だから、どう行動すべきかを知っている。良い試合をすることが私たちの目指すところだ」

セルヒオ・ブスケツの状態
「とても良いよ。彼はグループ練習に参加しているし、もしなんの問題も起こらなければ試合に出られる状態にある」

論争回避

休養が1日少ないことへのマドリー方面の不満
「それは泣き言じゃないさ。彼らの言い分には道理がある。日程は均一であるほうが好いし、もっと後でプレーしたかったとの意見には私も同意する。ただ、すべてはテレビ局の利益に従わされるんだ。それがどちらか一方の利益となることもあるし、その逆もある」

マドリー方面が試合を温めてる?
「ノー、クラシコは熱くて愉快でないといけない。監督と選手はスポーツの限度内で最大のスペクタクルを提供しなければならない、それだけだよ。他のクラシコと変わらないさ」

昨季のセルタを率いてのマドリー戦との違い
「私たちにも可能性はあったけれど、レベルの劣るチームがグランデに対する時は、チャンスを活かせずにエラーをすれば負ける。けれども私としては、今回は違った試合を期待してるよ。私たちは相手陣内で出来るだけ長くボールを持つことを目指していくし、もしそれが出来たなら、私たちは勝てることだろう

自分はクリスティアノに交代を訊ねないという、メッシの交代に対するアンチェロッティの皮肉
「別に不愉快になったりしないよ。私はセニョール・アンチェロッティが好きでね、元選手としても監督としても人間としても彼に大きな敬意を抱いている。誰にだって冗談を言う権利はあるからね。私は自分の仕事をするだけだよ」

何故今のバルサは、エンリケが現役時代よりもベルナベウを怖れないのか
「勝ち取ったタイトルの数と、その勝ち方だよ。私たちの時代も何度かベルナベウで勝っているけれどね」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました