選手ニュース

ラフィーニャ「ネイマールが新人いじりを止めない」

この9月のFIFAウィークにおいて、最も心ときめく時間を過ごしているバルサ選手のひとりが、ブラジル代表に初招集されたラフィーニャ・アルカンタラでしょう。当初の予定ではオリンピック代表へと行く予定のラファでしたが、オスカルとラミレス(チェルシー)が負傷したことでドゥンガは彼を追加招集。なんであれずっと憧れていたセレソンの一員になったのですから格別であり、ブラジルフットボル連盟公式ウェブのインタビューでは「ブラジル代表でのプレーが夢だった。夢が現実となっていってる」と語っているバルサの12番です。
バルサニュース

「FIFAは息子を潰している」

未成年外国人選手入団に関するルール違反を犯したとの咎によって、現在FIFAからの制裁を受けているFCバルセロナ。それによってクラブが新規選手の出場登録を出来ないのは、まあバルサだけ不公平だと思いながらも受け入れるとして、あまりに不条理なのは入団の過程に問題があるとされた少年選手たちにまで罰が及び、試合出場を禁じられていることです。そこで今回声を上げたのは、バルサのカデッテAに所属している米国人選手ベン・レデルマン Ben Lederman くん(15)の家族。FIFAがやっているのは息子を殺すことだ、と彼らは言います。
選手ニュース

ブスケツがバルサを退団しない理由は…

スペイン代表選手たちがバルデベバスでの代表合宿へと集合した1日、FCバルセロナの第3カピタン、セルヒオ・ブスケツが出演したアンテナ3の人気トーク番組 El Hormiguero 3.0に出演しました。この番組には数々のハリウッドスターほか、今話題騒然のダビ・デ・ヘアの恋人で歌手のエドゥルネ・ガルシアさんも出演したことがあり、「私はマンチェスターの街よりスペインが好き」と語ったことがあるとかどうとか。新シーズンの最初のゲストとして登場したブスケツは、司会者パブロ・モトス氏の軽快なおしゃべりに導かれ、普段はなかなか見られない愉快な一面を披露しています。かなりくだけた番組ゆえ、トークのテーマもバルサや代表から夜のお話まで多彩です。
スポンサーリンク
選手ニュース

ネイマールの契約更新話

LFPの夏の移籍期間が終了し、ダビ・デ・ヘアを巡っての笑い話でマドリー方面が大いに盛り上がっている9月初日。通常であれば間に合うところの駆け込み登録を、書類の遅れでアウトになるなんて滅多に出来る技ではありません。さすがペレスさん、豊富な引き出しをお持ちで、、なんていうイヤミはさておき、不公平なFIFAでマーケットからほぼ締め出されているバルサとしましては、FIFAウィークに入ったことで大したネタもなく、スポーツ紙の紙面も苦しいやり繰りとなっています。デ・ヘアの件は連日の日照りに訪れた恵みの雨、てなところでしょうか。
ポストマッチ

ベルマーレン弾で3ポイント

FCバルセロナがついにマラガCFからゴールを奪い、勝点3を手にしました。昨シーズンはラ・ロマレダで0-0、カンプノウでの試合は0-1での敗北とハビ・グラシア監督の中央バス固め戦術に苦しめられたルーチョチーム。この日の試合もまた似たような展開で進んでいましたが、そのイヤな流れをぶち破ったのが、ここ2試合で良い評価を得ているトーマス・ベルマーレンです。組み立てパス、連係は発展途上のベルギー人セントラルですが、昨年辛い思いをした彼がシーズン序盤にこうしてヒーローになれるのは明るいニュース。トリデンテの攻撃をことごとく阻止したマラガ守護神カメニの壁を、ベルマーレンが打ち崩したってのは良い話じゃないですか。バルサがマラガから得点を奪ったのは、292分ぶりだそうです。
バルサニュース

メッシとバルサの日 @UEFA式典

8月27日にモナコのグリマルディ・フォーラムにて催された毎年恒例のチャンピオンズ・グループステージ抽選会&各賞授与式は、バルセロナ一色となりました。我らの大エース、レオ・メッシが欧州最優秀選手賞と2014/15のチャンピオンズ・ベストゴール賞を受賞し、テル・ステーゲンが同じくベストセーブ賞を受賞。チャンピオンズ5回制覇を果たしたことで表彰を受けたほか、さらに組合せ抽選会では元バルサ選手たちがPOTからボールを引き、とまさにバルサが主役となった一日でした。抽選もASローマ、レバークーゼン、BATEとまずまずの結果で、ほくほくのバルセロニスタです。
選手ニュース

ベルマーレン 3番手に浮上か

スーペルコパでの副審への暴言によって、リーガでの4試合出場停止を命じられたジェラール・ピケの穴をいかにして埋めるかはこの難しい試合の続くバルサにおけるルイス・エンリケの宿題の一つですが、どうやらその解決策となりそうなのがトーマス・ベルマーレンです。先週末のサン・マメスではマスチェラーノとコンビを組んで先発フル出場し、パス92本、ボール奪取11回、ボール喪失1回、犯したファール1回、もらったカード1枚と上々の活躍を示したベルギー人セントラル。これによってベルマーレンがセントラルの序列3番手へと浮上し、ピケ不在の間は先発として起用されるのではないかとの見方が強まっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました