2019-07

移籍話

ジュニオル・フィルポはバルサを待つ

バルサが探していたジョルディ・アルバの控え選手は、ジュニオル・フィルポになりそうです。バルサが提示する移籍金の額と、ベティスの要求額にはまだ開きがあるとのことですが、緑白クラブの譲歩によって適当な着地点に収まると期待される。バルサは強気の姿勢を示しています。
移籍話

マルコム、カルラス・ペレス、そしてネイマール

昨季、ローマから“奪う”かたちで獲得したものの、結局は1年で売ることになりそうなのがマルコムです。売ることを覚えた青えんじ組。もし4,500万ユーロのオファーが届けば、バルサは彼を快く手放すことでしょう。複数のクラブがマルコムに関心を抱き、特にゼニト行きが濃厚といわれます。
スポーツ紙

2019年7月31日(水)のバルセロナスポーツ紙:ネイマール、ネイマール・・・

2019年7月31日(水)のバルセロナスポーツ紙は、バルサによるネイマール獲得作戦がトップニュース。本気で獲りに動いているようで、萎えます。冴えない夏を送る白組さんも外せない話題。
スポンサーリンク
選手ニュース

コウチーニョ移籍が行き詰まっているらしい

夏が始まる前から、絶対的な放出候補とされていたフィリペ・コウチーニョ。クラブは彼を1億2,000万ユーロあたりで売ろうと目論んでいるわけですが・・・ この7月30日時点では正式なオファーがまだひとつも届いていない、というから計画は頓挫の危機です
スポーツ紙

2019年7月30日(火)のバルセロナスポーツ紙:ネイマールとコウチーニョ

2019年7月30日(火)のバルセロナスポーツ紙は、バルサの移籍関連がトップニュース。SPORTはいつものようにネイマールが表紙。ピケのアンドラがセグンダBに参戦する件も話題になってます。
トップチーム

日本ツアー2019の収穫:新戦力の適応、カルラス・ペレス etc

プレシーズンの大きなお楽しみが、新戦力やカンテラーノたちの新鮮なプレーです。その点でこの日本ツアーは収穫があった。新加入のグリーズマンとデ・ヨングはどちらも活躍が見込めそうなパフォーマンスを示し、カルラス・ペレスやリキ・プッチらカンテラーノの輝きもあったことで...
スポーツ紙

2019年7月29日(月)のバルセロナスポーツ紙:スカッド完成週間

2019年7月29日(月)のバルセロナスポーツ紙は、バルサの補強関連ニュースがトップ。USAツアーに出るまでの今週一週間は、スカッドに出入りのある忙しい日々になりそうだと伝えています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました